みかん屋 ヤマダ

靜岡県 浜松市北區三ヶ日町

みかん屋 ヤマダ

降り注ぐ太陽の光。見上げれば真っ青な空にぽっかり浮かぶ白い雲。海から吹き上げてくる風。木の梢からは鳥の鳴き聲。そして、たわわに実るオレンジ色のみかん。
當地三ヶ日のみかん栽培の歴史は長く、今から約300年前の江戸中期に「山田彌右衛門」が紀州からみかんの苗木を持ち帰ったことから始まりました。その「山田彌右衛門」は當家も含む山田一族の祖先であります。
現在當園では親子3人でみかん栽培に攜わっていますが、みかんの木を世話しているようで実際はみかんの木に助けてもらいながら試行錯誤の中で農作業に勵んでいます。
ちなみに家族そろって大の貓好きです。シャイな家族に代わって看板貓の「ペコちゃん」に時々登場してもらっています。